Internet Explorer 10および11でのPDFファイル表示不具合の解除法

Internet Explorer 10および11では新たに実装されている「プラウザーの拡張設定」が初期状態では「有効」になっています。

この機能が、PDFファイルの閲覧を阻害しています。

この機能は現在のポップアップブロックの追加機能的な役割をしていますが、多くの閲覧用ファイルではまだ拡張機能に対応したファイル形式は少ないのが現状です。

現在の一般の閲覧に関しましてはこの機能を無効にしても問題はありません。

さて「プラウザー拡張機能」の解除ですが下記に実際のプラウザの画像を踏まえて説明していきます。

@   Internet Explorer の右上の歯車型のアイコン(ツール)をクリック(シングル)します。

                  ↓

 

A   歯車型のアイコン(ツール)をクリックすると下記画像のようにツールタブが展開します。

               ↓

B   展開したツールタブの中から「インターネットオプション」をクリック(シングル)します。

 

C   「インターネットオプション」をクリックすると下記のようにインターネットオプション設定タブが展開しますので、上部右上の「詳細設定」のヘッダーをクリック(シングル)します。

D   「詳細設定」をクリック(シングル)すると下記のように「詳細設定」を調整できる窓が開きますので窓右側のスクロールバーを操作して「プラウズ」の設定項目の表示まで下げます。

(ホイールの付いたマウスではホイールの操作で下げられます。)

 

E   「プラウズ」の設定項目の中に「サードパーティ製のプラウザー拡張を有効にする*」の項目に(チェック)が入っているのでこのチェックを外します。

(チェックボックスをクリックすることによりチェックが外れます。)

               ↓

 

F   チェックを外したら詳細タブの下部「OK」をクリックして、一旦Internet Explorerを閉じて終了となります。

 

G 次にInternet Explorerを起動するとPDFの閲覧ができるようになっていますのでご確認ください。

詳細について不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先:info@pw-maruoka.com